航空機一覧

KLMオランダ航空が新たなコンセプトの航空機を発表

KLMオランダ航空とデルフト工科大学は次世代型の長距離旅客機「 Flying-V」の開発の協力協定に調印した。 「Flying-V」は、エアバスA350と同数の座席数(314席)と貨物積載量(160㎥)で、機体は短くなるが同じサイズの翼幅を持つという。そのため既存の空港施設で運用可能で、新たなインフラ構築が不要となる。

ロンドン・ヒースロー空港で飛行機撮影

イギリス・ロンドンにあるヒースロー空港。言わずと知れた有名な空港で、離発着回数も多く、またヨーロッパではメジャーな趣味として人気の「スポッター」と呼ばれる飛行機観察にも人気の空港です。 そんな飛行機ファン憧れの地、ヒースロー空港の撮影についてレポートします。

全日空商事モデルプレーン公式サイトが5月23日にオープン

全日空商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西村 健)は、自社で企画・制作する ANA オフィシャルモデルプレーン(航空機模型)の情報発信サイトとして、『全日空商事モデルプレーン公式サイト』 ANA OFFICIAL PRECISION MODELSを5月23日(木)に開設いたします。また新たな販売チャネルとして、「楽天市場」にも出店を致します。

エアバスA380型機「FLYING HONU」にて ヒアラブル端末導入

全日本空輸株式会社(ANA)は、5月24日よりホノルル線に就航する世界最大の総二階建て旅客機エアバスA380型機「FLYING HONU」の機内にて、株式会社BONXの開発したヒアラブル端末「BONX Grip」を、株式会社リコーより導入し、同製品を機内で使用するためのWi-Fi環境を富士通株式会社が構築した。