マイル交換特典「しまとびクーポン」を今年も継続

全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)、オリエンタルエアブリッジ(ORC)、日本エアコミューター(JAC)は、昨年度長崎県、鹿児島県と連携し、地域航空会社の離島路線需要喚起の新たな施策として共同で取り組んだ「しまとびクーポン」を今年も発行する。

JAL、国内線保安検査場の締切時刻を変更

JALは、航空会社の定時到着率など、さまざまな分析を行っているCirium社(旧FlightStats 社)より、2018年1月~12月の国内線・国際線を合わせた運航実績について、アジア・パシフィック主 要航空会社メインライン部門で、7年連続、9回目の第1位に認定されるなど、世界トップレベルの定時性を実現している。 今回、JALがより高い定時性品質を提供するため、保安検査場の通過締切時刻を変更する。

ボーイング737-500型機 「スーパードルフィン」退役イベントを開催

現在ANAホールディングスでは、1995年7月就航以来、約四半世紀に渡って「スーパードルフィン」の愛称で親しまれたボーイング737-500型機(運航会社:ANAウイングス)を6機保有していますが、今後順次退役を開始し、2020年上期をもって6機全機が退役予定です。これまでにボーイング737-500型機をご利用いただいた皆さまへの感謝の気持ちをこめて、2019年9月より退役記念イベントを順次実施予定です。

「POCKETALKⓇ」を活用した「ポケトーク de OMOTENASHI 研修」

ANA グループの ANA ビジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:柴田 雄司、以下 ANA ビジネスソリューション)とソースネクスト株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:松田 憲幸、以下 ソースネクスト)は、「ポケトーク de OMOTENASHI 研修」における業務提携をいたします。

HAC、ATR42-600型機を2020年春より就航

北海道エアシステム(HAC)は、現在の保有機材 SAAB340B 型機を 2020 年から ATR42-600型機に順次更新することを発表。初号機(JA11HC) には特別塗装デザインが施されており、2020 年夏期ダイヤ(3 月 29 日~)より運航を開始しする。