JAL、旅行サイトが選ぶ「日本のベストエアライン」に

世界最大の旅行サイト「Tripadvisor®」が、旅行者が高く評価したエアラインをランキング化した「トラベラーズチョイスTM 世界の人気エアライン2020」を発表し、日本のベストエアラインにJALが4年連続で選ばれた。 また「世界のベストエアライン」で第4位に選ばれ、アジアの人気大手航空会社に贈られる「アジアのメジャーエアライン」も受賞し、計3部門で表彰された。

JAL、マレーシア航空と共同事業を開始

JALとマレーシア航空は、2020年7月25日より共同事業を開始することを発表した。 両社は、2019年より日本とマレーシア路線における共同事業実施に向け準備を進めおり、2019年12月に独占禁止法適用除外申請の認可を取得し、この度共同事業を開始する事となった。

ANA、2021年度入社 採用を中止

ANAグループは、2021年度の入社採用を中止すると発表した。 新型コロナウイルス影響が長期化する中、収束が見通せず今後の事業計画の策定が困難な状況が続いていることから、採用を中止するとの判断に至ったという。

JAL、企業サイトをリニューアル

JALは、企業サイトを本日リニューアルしたと発表した。全体のコンテンツ配置のわかりやすさや、必要な情報の探しやすさを向上させており、タブレットやスマートフ ォンなどの各種端末においても、必要な情報が適切に表示されるレスポンシブWebデザインにも引き続き対応しているという。

ベトジェット、Airfinance Journal 誌の「オペレーティングリース・ディール・オブ・ザ・イヤー」を受賞

ニュー・エイジ・キャリアのベトジェットは、2019 年にエアバス機 10 機のオペレーティングリースで「The Operating Lease Deal of the Year」を受賞しました。同タイトルは、世界的に権威のある航空・航空宇宙金融業界誌「Airfinance Journal」の年間グローバル・アワードの一環として、同誌で紹介されました。

ANA、外務大臣から感謝状を受領

ANAは、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、中国湖北省からの日本人の退避に際し、チャーター機の運航および関連業務や支援を行い、在留邦人の保護に寄与したとして、6月23日、茂木敏允外務大臣から感謝状を受領した。